2015年09月29日

伝説の魔道士を探しに 〜 ウィズの記憶に眠る龍

リアルクイズRPG.jpg

その日の空は異常だった。

まだ昼前だというのに、辺りがあまりにも暗いの
だ。空が分厚い暗雲に覆われている。

[ウィズ]
何だかすごく嫌な予感がするにゃ……。

黒い空を見上げながら、ウィズがいつになく不安
そうに呟いた。

それにしても暗い……。

そう思った君が、昼夜の区別がつかなくなった室
内に明かりを灯した時だった。

[バロン]
おい! いるか!? 大変な事になったぞ!

激しくドアをノックしながら、バロンは大声で君
を呼び続ける。

[ウィズ]
……何事にゃ?

ウィズはそう言いながら、君の肩に飛び乗る。

[バロン]
おい! いるんだろ!? 早く開けてくれ!

君がドアを開けると、そこには疲弊しきったバロ
ンの姿があった。

君はバロンを部屋へ招き入れ、一体何があったの
かと尋ねる。

[バロン]
近くの村が……龍に襲われた。

バロンは悔しそうに口を開く。

[バロン]
今朝、その村からの早馬があってな。魔物が暴れ
ているから、と助けを求めてきたのだ。

[バロン]
魔物ごとき、私ひとりでどうにでも出来ると思っ
たのだが、実際にいたのは凶暴な龍だった。

ギルドマスターの力を持ってすれば、倒すことの
出来ない魔物など、そうそういるものではない。

君はその龍についてさらに説明を求める。

[バロン]
この辺りにいるレッドドラゴンのような魔物とは
訳が違う。

[バロン]
あれは邪龍だ……しかも、人に操られている。

人に操られた邪龍……? バロンの言葉に君は驚
きを隠せない。

[バロン]
そうだ。邪龍の背にひとり、女の魔道士が乗って
いるのが見えた。

[ウィズ]
(女魔道士と邪龍……!? まさか、そんなこと
が……)

肩の上のウィズが、いつになく動揺している。

[バロン]
実はお前を訪ねたのも、その姿を見て、以前
ウィズから聞いた話を思い出したからなのだ。

ウィズから聞いた話? 君はバロンにそう尋ね
る。

[バロン]
ウィズは四聖賢になる前、邪龍を操る女魔道士と
戦い、それを封じたことがあるらしい。

話の真偽を確かめようと君が目をやると、ウィ
ズは黙って頷いた。

[バロン]
ウィズに直接依頼が出来ればいいのだが、それが
叶わぬ今、弟子であるお前に頼るしかない。

[バロン]
邪龍を封印する方法や、魔道士の正体、なにか手
がかりが欲しいのだ。心当たりはないか?

困惑する君の耳元で、ウィズが囁く。

[ウィズ]
(キミ、ちょっと来るにゃ……)

ウィズは君の肩から飛び降りると、奥の部屋へと
入っていく。

[バロン]
その様子では……やはり、なにも知らないか。

そう言えば、ウィズからもらったノートがあっ
た。それに何か書かれているかもしれない。

君はバロンにそう伝え、ウィズの後を追う。

[ウィズ]
バロンの言う龍が、私の知っている邪龍なら、私
にも封印することは出来ないにゃ……。

君とふたりになったウィズは、真剣な面持ちでそ
う切り出した。

「私」にも出来ない? バロンはかつてウィズが
それを封印したと言っていたけど……。

君はウィズに尋ねる。

[ウィズ]
今その邪龍が暴れているってことは、私があの
時、封印に失敗したってことにゃ……。

  *  *  *

女魔道士と邪龍.jpg

[???]
さぁ、ウィズ。この子を封印してみせてよ?

過去ウィズ.jpg

[ウィズ]
そんな物騒なヤツ引き連れて、私に敵うと思っ
てるの?

[???]
思ってるわよ。私はこの子を蘇らせた! あなた
には絶対封印することの出来ない邪龍をね……。

[ウィズ]
じゃ、試してみる? 本気で行くからね……。

  *  *  *

[ウィズ]
そして私は彼女に勝った……でも、封印は出来な
かったにゃ。

ウィズは不吉な空を見上げる。

そういえば、四聖賢になる前のウィズについて、
ほとんど何も知らない。

いったいどんなことがあったのだろう? 君はふ
とそんなことを考える。

[ウィズ]
私の話はまた今度してあげるにゃ。

君の心中を読み取ったかのように、ウィズはそう
言うと視線を君に戻す。

[ウィズ]
とにかく今は優秀な魔道士をできるだけ多く集め
るにゃ! その中から伝説の魔道士を探すにゃ。

伝説の魔道士? それはいったい……と君は尋ね
る。

[ウィズ]
あの邪龍には、かつて異界をひとつ滅亡させた伝
説があるにゃ。

[ウィズ]
そして、その邪龍を封印出来るのもまた、伝説の
魔道士だけにゃ。

ウィズはそういうと、バロンを待たせている部屋
へと戻っていく。

邪龍との決戦の時は近い──。

←トップ
posted by yamanuko at 20:25| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

大魔道杯 with 境界騎士団 Next Defenders

君たちは、境界騎士団のチーム対抗戦が行われる
会場へとやってきた。

なんでも今日から、境界騎士団の新しい騎士を決
める実戦形式の試験が、ここで行われるという。

「歪み」と戦う覚悟のある者は集まれ──。

騎士団長セドリックの呼びかけに応じた、腕に自
信のある者たちが、続々と集結してくる。

[ウィズ]
みんな自信に満ちた目をしてるにゃ。これは油断
できないにゃ。

手強い奴と戦えそうだと、君も気分を昂揚させて
いる。

今回は3チームに分かれて、対抗戦を行う。

つまり──。

セドリック率いる〈チームセドリック〉、

アネモネ率いる〈チームアネモネ〉、

エステル率いる〈チームエステル〉。

この3チームによる対抗戦を4日間に渡り行
い──。

その中で優秀だった者が、騎士として採用される
らしい。

[アネモネ]
おや、黒猫の魔法使い殿。あなたも団長の呼びか
けに応じてくれたのですね?

[セドリック]
君がうちのチームに来てくれたなら、この戦い
勝ったようなものなのだがな。

[エステル]
でもでもー、天才魔道士エステルの敵として立ち
ふさがるつもりなら遠慮しないわ!

こちらも負けるつもりはない、と君は伝える。

[ウィズ]
にゃにゃにゃ!

ウィズが、君に応じるように鳴いた。

[セドリック]
期間中は、君たちの所属チームは毎日変わる。

[エステル]
つまり、味方として戦うこともあるし、敵に回る
こともあるわけね。

[アネモネ]
お互い頑張りましょう!

君はそうだね、と微笑んで初日の所属チームの発
表を待った。

(※以下、チームセドリックの場合で記載)

[セドリック]
ようこそ〈チームセドリック〉へ。歓迎するぞ!

[セドリック]
まずは、チーム対抗戦のルールについて説明す
る。

[セドリック]
はじめにチーム分けについてだ。

[セドリック]
チーム分けは、公平を期すためにオルハがカード
で決めているから正直言って運次第だ。

[セドリック]
また君と一緒のチームになれると嬉しいのだがな。

[セドリック]
次にメダルポイントについて。トーナメントで上
位に入ると〈メダル〉がもらえる。

[セドリック]
1位〈金メダル〉は3ポイント、

[セドリック]
2位〈銀メダル〉は2ポイント、

[セドリック]
3位〈銅メダル〉は1ポイントになっていて……。

[セドリック]
これが〈メダルポイント〉としてチームの得点に
なるわけだ。

[セドリック]
チームが獲得したメダルポイントの順位で、その
日の報酬が変わってくるから──。

[セドリック]
金メダルを目指して頑張って欲しい!

[セドリック]
チーム内でより多くメダルポイントを獲得した人
にも報酬が用意されている。
(※この文言は「誤解を招く表現」として削除)

[セドリック]
もちろん、個人の得点としての〈イベントポイン
ト〉もあるから、それを積み重ねて……。

[セドリック]
個人目標の報酬を狙うのも、ひとつの楽しみ方だ
な。

[セドリック]
最後に、これからみんなで戦ってもらうふたつの
トーナメントについて説明する。

[セドリック]
チーム対抗戦では〈通常トーナメント〉の他に
〈イベントトーナメント〉がある。

[セドリック]
〈イベントトーナメント〉では、新しい詠唱方式
〈新クイズ形式〉で戦うことになるな。

[セドリック]
どちらでも好きな方を選んで〈メダルポイント〉
と〈イベントポイント〉を集めてくれ。

[セドリック]
説明は以上! お互い全力を尽くそう!

大魔道杯看板.jpg

  *  *  *

[ウィズ]
はぁ〜……長かったにゃ……キミ、お疲れさまだ
にゃ。

君もウィズにお疲れさま、と言って大きく息を吐
いた。

チーム対抗戦は終わったが、あたりはまだ熱狂の
余韻に包まれている。

[ウィズ]
さぁキミ、これから結果発表に向かうにゃ!

ウィズの言葉に頷いて、君はその会場へと足を向
ける。

[ウィズ]
果たして、騎士団員として選ばれる人はいるのか
にゃ?

みんなならきっと大丈夫、君はそう言ってウィズ
に微笑んだ。

←目次

←トップ
posted by yamanuko at 19:12| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

めざせ騎士団!君こそニューカマー! 〜 いよいよチーム対抗戦開催!

←アネモネの驚愕

ティーレ・シャンポア.jpg ルピラ・ヴィム.jpg

[セドリック]
これほどの多くの者たちが集まってくれると
は……。喜ばしいことだ。

集まった騎士候補生たちを眺めて、セドリックは
しみじみとつぶやいた。

[オルハ]
最初は「歪み」の存在すら、知られていなかった
というのに……。

セドリックは、やや眉をひそめた。

[セドリック]
それだけ「歪み」の出現が頻繁になってきたとい
うことでもある。

[オルハ]
だからこそ我々も仲間を増やし、力を付けなけれ
ばなりません。

もう一度、セドリックは目を細めて集まった者た
ちを見つめた。

まるで、遠い過去を振り返っているような悲しさ
を湛えた目をしている。

オルハは、何も言わずにセドリックの横顔を見つ
めていた。

  *  *  *

[セドリック]
ん? 子供が混じっているな?

騎士候補生の中に先込め銃をいくつも背負ったあ
どけない少女がいた。

ティーレ.jpg

[ティーレ]
あなたが団長さんだね? 僕はティーレ。田舎
じゃ多少は名の通った賞金稼ぎさ。

[セドリック]
賞金稼ぎがなぜここに?

[ティーレ]
なんでも「歪み」ってところから現れた魔物に手
こずってるそうじゃないか。

[ティーレ]
そういう時は、僕に任せなよ。こう見えても魔物
退治は得意なんだぜ?

ティーレは銃を握って、銃口をセドリックに向け
る。

セドリックは、とっさに腰の剣に手を伸ばす
が……。

[ティーレ]
あんたとやりあうんじゃないよ、っと!

空いた手で握っていたコインを、空に向かって弾
き飛ばす。

空中で回転しながら落下するコインに目掛けて、
ティーレは素早く引き金を引いた。

落ちてきたコインの真ん中には、銃弾が通過した
ことを示す穴が、ぽっかり空いていた。

[セドリック]
ほう、見事な腕だ。

[ティーレ]
どう? 僕ってすごいでしょ? 子供の頃から
ずっと、魔物相手の賞金稼ぎで食ってるんだ。

[セドリック]
君のような子がいるとは、世界は広いな……。こ
のあとの対抗戦、期待しているよ。

ティーレと別れたセドリックだったが、気がつく
とオルハがいない。

視線を彷徨わせてオルハを探す。

すると、離れた場所からオルハがひとりの少女を
伴って来るのが見えた。

[オルハ]
あちらのいるのがセドリック団長です。ご挨拶
を……。

ルピラ.jpg

[ルピラ]
こんにちは、セドリック団長! 私はルピラよ。
よっろしくねー。

妙にノリが軽い。隣にいるオルハとは、正反対の
タイプの女の子だ。

[ルピラ]
なんだか私もオルハさんと同じような力があるみ
たいなんですけど、よくわかんないんですよね。

ルピラという少女は、さらりととんでもないこと
を打ち明けた。

[ルピラ]
「歪み」とか私よくわかんないですし、将来の夢
は、「ルピラ姫」って呼ばれることなんでー。

[ルピラ]
姫といえば、守ってくれる「騎士」が必要で
しょ?

[ルピラ]
将来、私の部下になる人たちと、仲良くなってお
くのも悪くないですよね?

[セドリック]
そうか……。

恐れを知らない少女。

無垢といえばそれまでだが、セドリックは正直反
応に困った。

[ルピラ]
というわけで、セドリック団長に命ずる。今日か
ら私のことを「姫」と呼ぶのじゃ!

[セドリック]
ひ……姫だと?

[オルハ]
ルピラ、さすがに調子に乗り過ぎです。団長が
困ってらっしゃいますよ。

[ルピラ]
そうなの? 困らせちゃってごめんなさい。

[セドリック]
ははっ……構わないよ。

オルハは、セドリックに近づいて、ルピラに聞こ
えないような声で囁く。

[オルハ]
まだ若いので世間知らずなところがありますけど、
ああ見えて将来有望です。

セドリックは、目を見張った。

オルハがこういうことを断言するのは珍しい。

[セドリック]
まさか、オルハ。彼女は、君と同じ素質を……?

何も言わずに、オルハは頷く。

[セドリック]
これは新しい希望になるのか、それとも……。
いや、今は考えてもしょうがないな。

セドリックは身を翻すと、集まった候補生たち
と、騎士たちに向き直る。

[セドリック]
みんな、よく集まってくれた。これから、チーム
対抗戦を始める。

[セドリック]
模擬戦ではあるが、それぞれの実力を計るための
ものでもある。存分に力を発揮して欲しい。

セドリックの言葉に応じるように、集まった者た
ちから大声が上がる。

みんなの気持ちは昂っている。

いい結果が期待できそうだ、とセドリックは心の
中で微笑んだ。

←目次

←トップ
posted by yamanuko at 23:47| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ