2015年07月28日

食べつくせ!ねこまつりカフェ 〜 白熱のカフェバトル

[ウィズ]
あのカフェが今度は西の街に出来たらしいにゃ!

その日、君はそんなウィズの声で目を覚ました。

あのカフェ? 眠たい目をこすりながら、君は
ウィズに尋ねる。

[ウィズ]
私が「あのカフェ」と言ったら「ねこまつりカ
フェ」に決まってるにゃ! 早く起きるにゃ!

ウィズはそう言ってぴょんぴょんとベッドの上で
跳ねまわる。

君はたまらず起き上がり、服を着替えて支度を済
ませた。

[ウィズ]
出発にゃ!

君たちは、人々の笑い声が溢れる賑やかな西の街
へとやって来た。

[ウィズ]
ここが新しく出来た「ねこまつりカフェ」にゃ!

中からは美味しそうな匂いが漂ってくる。

ちょうどお腹も空いてきた。そう思いながら君は
カフェの扉を開いた。

するとそこには──

トート.jpg

[トート]
ネェちゃん、どや? ワイと愛の歴史を紡がへ
ん?

と、女性に声をかけている神獣、トート・タピー
ロがいた。

[トート]
おお、ひっさしぶりやな。おふたりさん。

[ウィズ]
にゃにゃ! なんでトートがいるにゃ?

[トート]
そりゃお前、ここがワイの心のホームタウンやか
らに決まってるやろ!

心のホームタウン……?

[トート]
ここは、食って食って食いまくる、喰い倒れの街
やぞ。ボーッとしてんと、はよ注文せえよ!

そう言い放つトートのテーブルの上には、所狭し
と料理が並んでいる。

[ウィズ]
美味しそうな料理がいっぱいにゃ! 早く私たち
も食べるにゃ!食い倒れるにゃ!

[トート]
ほな、どっちがぎょうさん食べられるか、いっ
ちょ勝負しよか?

[ウィズ]
望むところにゃ!

(道中)
パンケーキおかわりにゃ!
私の名前のかき氷もあるにゃ!

運ばれてくる料理を次々と平らげていくウィズと
トート。

白熱のデッドヒートを繰り広げていた両者だった
が──。

[トート]
ふぅ。さすがにちょっとキツなってきたわ。

皿に半分ほどパンケーキを残し、トートが苦しそ
うに天井を仰いだ。

[ウィズ]
私はまだまだ食べられるにゃ!パンケーキお代わ
りにゃ! 神獣トート破れたりにゃ!

[トート]
くぅうう。こうなったら奥の手や! 行くで、神
獣合体!

そう言って、トートは激しい光を放つ!

神獣合体.jpg

光が収まると、トートの皿に残されていたはずの
パンケーキが消えていた。

[ウィズ]
全然合体してないにゃ!

[ラパパ]
ぷぅぷぅ。

皿に残されていたパンケーキは、ラパパがもぐも
ぐ食べている。

[トート]
よっしゃ! こっちもお代わりや!

[ウィズ]
ラパパに食べさせてるだけにゃ! ずるいにゃ!

[トート]
真剣勝負にずるいもへったくれもあるかい! 悔
しかったら勝ってみい!

[ウィズ]
キミ、こっちも連携するにゃ! 黒猫合体にゃ!

そう言って、ウィズは君の頭に飛び乗った。

大食い対決は今、クライマックスを迎える!

(クリア後)

結局、勝負は引き分けに終わった。

[トート]
ふぅ。いい勝負やったな。

[ウィズ]
全くにゃ!

うず高く積まれた皿の前で、両者は爽やかに微笑
みあう。

[ラパパ]
ぷぅ。

君もラパパに微笑んで、互いの健闘を讃える。

真剣勝負を繰り広げた相手同士、それ以上の言葉
はいらない。

空腹も満たされ、君もとても幸せな気分
だった。

店内を見回すと、どのテーブルにも笑顔がこぼ
れ、カフェは大盛況のようだ。

また来よう! 満たされたお腹をさすりながら、
君はウィズにそう言った。

[ウィズ]
もちろんにゃ!

[トート]
ほな、ワイらはこのへんで失礼するわ。ホンマ、
ええ勝負やったわ。

[ラパパ]
ぷぅぷぅ。

そして神獣合体したトートとラパパは姿を消し
た。

うず高く積まれた皿の山を残して……。

[ウィズ]
にゃにゃ! トート、お金払ってないにゃ!

君は大きくため息をついて、懐から財布を取り出
した。

←トップ
posted by yamanuko at 21:29| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ