2015年10月27日

ソフィとリルムのトリック☆オア☆トリィィート! 〜 さよなら魔道少女

エターナル・ロア.jpg

我だ。〈魔杖エターナル・ロア〉だ。

グリモワール・グランプリが終わり、我は再び旅
をしている。

小娘と……ソフィと。だがそれも、もう終わりを
迎えるようだ……。

ソフィ.jpg

[ソフィ]
4998……4999……5000! 500
0!!

[ソフィ]
やったーー!!

リルム.jpg

[リルム]
ソフィちゃん、すごーい。あの金額をたった一年
で返しちゃうなんて……。

小娘とソフィは王都にやって来ている。いや、
帰ってきたと言うべきか。

旅の始まりは一年前の、ハロウィンの祭りで賑
わう王都だった。

魔道士が互いに大事な物をひとつ賭けて戦う〈ト
リック・オア・トリート〉。

その対戦相手として、小娘はソフィと出会った。

[ソフィ]
うん。お城の半分を修復するお金だから、ソフィ
ももっと時間かかるかと思ってた。

小娘とソフィの対決は、途中で余計な邪魔が入っ
たせいで、決着はつかなかった。

[リルム]
あのかぼちゃオバケをぶっ飛ばすつもりが、間
違ってお城を壊しちゃった時は焦ったなあ。

そのかわり、小娘がやらかした失態の連帯責任を
負う形で、ソフィは多額の借金を背負った。

ソフィが小娘と旅に出たのは、借金の返済が目的
である。

それが返済し終わったということは……ソフィの
旅もこれで終わり。

[ソフィ]
じゃ、ソフィはこれからお城に行って、お金を返
してくるね。

[リルム]
私も父さんに立て替えてもらった分を返さなきゃ
なあ……でも今は──。

[リルム]
お祭りが大事! ……と思ったけどお金がない。

[エターナル・ロア]
お前、そればかりだな。少しは計画性を持ったら
どうだ? ソフィを見習え。

[リルム]
お金、お金……お金かあ。チラッ。

[エターナル・ロア]
ギクッ!

[リルム]
チラッ。チラッ。

[エターナル・ロア]
ギクッ! ギクッ!

[リルム]
チラッ! チラッ! チラッ!

[エターナル・ロア]
ギクッ! ギクッ! ギクッ!

[ソフィ]
もう、リルムちゃん。ロアちゃんを売ろうとし
ちゃダメだよ。

[リルム]
へへへ。冗談だよ、ソフィちゃん。

[エターナル・ロア]
やって良い冗談と悪い冗談があるぞ、小娘!

[リルム]
大丈夫。けっこう厄介な物らしいから売らない
よ。それに、大して高くないしなあ。

[エターナル・ロア]
小娘、いつか泣かす。

[リルム]
では私も、ソフィちゃんを見習って、魔物でも退
治して、そっこーでお金を稼いでくるか。

[リルム]
行っくぞー!

[ソフィ]
あ、リルムちゃん! ロアちゃんは?

[リルム]
どうせ使わないから、ソフィちゃん持っておい
て。

[ソフィ]
う、うん。

[ソフィ]
……行っちゃった。リルムちゃん、わかっている
のかな?

[エターナル・ロア]
…………。

借金を返済し終わったということは……ソフィの
旅もこれで終わり。

小娘はそのことが分かっているのか、アホなので
その可能性は低いだろう。

ちょうど、一年後のハロウィンの日に、その日が
訪れるというのも、少々皮肉なものである。

(道中)
お菓子をくれないといたずらするにゃ

賠償金を、城に返済し終わったソフィと我は、祭
りの気配で賑やかな街中を歩いていた。

[エターナル・ロア]
ソフィ。小娘との旅はもう終わりか?

[ソフィ]
ロアちゃん……。気づいていたんだ。

[エターナル・ロア]
魔杖だからな。

[ソフィ]
これでいいんだよ。リルムちゃんなら、私なんか
がいなくても大丈夫だよ。

[エターナル・ロア]
だが、相当のアホだぞ。

[ソフィ]
うん。……でもロアちゃんもいるし。

[エターナル・ロア]
ソフィ、我の昔話を聞いてくれるか? ……我は
昔、尖っていた。

[エターナル・ロア]
触れる物全てを傷つけるような……そんな生き方
をしていた。

[エターナル・ロア]
だが小娘やソフィと旅をしているうちに、我なが
ら丸くなった気がする。

それは本当だった。我はいま、ソフィに杖として
扱われている。ただの杖として。

小娘には杖としてすら扱われていないが、どちら
にしても、昔の我からは考えられない姿だ。

[エターナル・ロア]
それはきっと小娘やソフィの特別な力だ……。
まあ、魔法と言っていいだろうな。

[エターナル・ロア]
それを失っていいのか。お前たちふたりの魔法
を。

[ソフィ]
ロアちゃん……。

[ソフィ]
昔、槍だったの?

[エターナル・ロア]
尖っていたというのは、形状の話ではない
な……。ちょっと例えが難しかったか。

[ソフィ]
ううん。なんとなくわかるよ。ホントはね、私た
ぶん、リルムちゃんに嫉妬しているんだ。

[ソフィ]
ソフィもあんなふうに生きてみたいな……って思
う。自由で、努力なんかしてないのに……。

[ソフィ]
あんなにすごい魔道士で……。だから、リルム
ちゃんとずっと一緒にいたらソフィはダメになる。

[ソフィ]
そんなふうに思う時があるんだ。だからここでお
別れにしようと思う。

[エターナル・ロア]
そんな考え方では、どこへ行っても無駄だぞ。
闘ってみなければわからんではないか。

[エターナル・ロア]
闘う前から負けた気になっている者は──。小娘
以上のアホだ。

[ソフィ]
…………。

[エターナル・ロア]
ちょうどいい機会だ。もう一度〈トリック・オ
ア・トリート〉で小娘と闘ってみろ。

[エターナル・ロア]
闘ってみてダメでも、きっといまとは違う景色
が見えるはずだ。

[エターナル・ロア]
どうだ? 我もソフィを手伝うぞ。

[ソフィ]
ロアちゃん……ありがとう。

まったく。最近の我はどうかしている。

そろそろ〈魔杖〉の名も返上せねばならんかもな。

(クリア後)

そして対決の時はやってきた。

[リルム]
こうやって、ソフィちゃんと対決するのも、一年
ぶりなんだね。

[ソフィ]
なんか、変な感じだね。

そういえば一年前のあの時、我はソフィに使って
もらいたいと思っていた。

一年の時を経て、その願いが叶ったわけだ。つく
づく今年のハロウィンは妙な偶然がある。

だがあの時とは、我も小娘もソフィも、少し変
わったのかもしれん。

成長。もう数百年生きている我が言うのも、おか
しなものだが、そういうことなのだろう。

[リルム]
行くよ。ソフィちゃん。

[ソフィ]
うん。リルムちゃん。

[エターナル・ロア]
小娘。悪く思うなよ。今回ばかりはソフィに勝っ
てもらうぞ!

[リルム]
とあー! リルム式はちゃめちゃ──!

[ソフィ]
あ! ちょっと待って、リルムちゃん!

[リルム]
ほえ?

[ソフィ]
うっかりロアちゃん、持ったままだったよ。
ちょっと置いてくるね。

[エターナル・ロア]
は? 我も一緒に闘うぞソフィ! 我を使い、小
娘に打ち勝つのだ。

[エターナル・ロア]
そして、弱い自分を超えるのだ、ソフィ。

[ソフィ]
うん。でも、ソフィはひとりで戦う。

[エターナル・ロア]
……そうか。そうだな。ひとりで戦わなければ意
味はないか……。我が間違っていたな。

[ソフィ]
ううん。違うよロアちゃん……。

[ソフィ]
ソフィ、杖使わないから。

[エターナル・ロア]
あ。そっち? ……そうだったな。

[ソフィ]
もういい? ロアちゃん。

[エターナル・ロア]
うむ……。

[ソフィ]
じゃ、リルムちゃん。改めて試合開始だよ!

[リルム]
望むところだ、ソフィちゃん!

[エターナル・ロア]
……ま、いいか。

  *  *  *

[リルム]
ほい!

[エターナル・ロア]
はうっ……! こ、小娘、もうちょっと低く投げ
ろ……。き、傷がつく。

[リルム]
左か……。

[エターナル・ロア]
小娘……。

[ソフィ]
左は秘宝都市だね、リルムちゃん。

[リルム]
ああ、そっか。全然分からなかった。

[エターナル・ロア]
小娘、いい加減地図くらい読めるようになれ。

対決の結果……。というかふたりの大暴れの結
果。

ソフィの魔法が再び城を破壊し、またしてもソ
フィは借金返済の旅をする羽目になった。

だが、我はソフィがわざとやった気がしている。

けが人がひとりもいないというのは、少々出来す
ぎた偶然に思えるからだ。

ともかく我と小娘とソフィの旅は、再び始まる。
今度の目的地は……。

[ソフィ]
リルムちゃん、乗って。秘宝都市までひとっ飛び
だよ。

[リルム]
オッケー!

[エターナル・ロア]
小娘、もっと我をしっかり持たんか! 前みたい
に途中で落とすなよ!

[ソフィ]
目指すは!

[リルム]
秘宝都市! のなんて名前だっけ?

[エターナル]
プレ=ボ、プレ=ボだ。小娘。少しは地名も覚え
るようにしろ!

[リルム]
あー、耳が痛ーい。

[ソフィ]
ふふふ。ロアちゃん、リルムちゃんのお母さんみ
たい。

[エターナル・ロア]
せめてお父さんにならんか……。

今度の目的地は秘宝都市プレ=ボ。さて、何が起
きるのやら……。

←トップ
posted by yamanuko at 20:10| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ