2016年02月10日

異界の魔道士の挑戦!?

[バロン]
おお、おまえたち、いいところに!

魔道士ギルドに顔を出した君とウィズに、バロン
があわてた様子で声をかけてきた。

何かあったのだろうか。君は、ウィズと顔を見合
わせる。

[ウィズ]
(どーせ、大したことじゃないにゃ)

ささやくウィズ。最近バロンに厳しい気がする。

さておき、君はバロンに用件を聞いた。

[バロン]
実は、異界の魔道士が〈四聖賢〉狩りをしている
のだ!

[ウィズ]
ぶふっ!?

ウィズが君の肩から転げ落ちそうになった。

いったいどういうことなの? と、君はバロンに
尋ねる。

[バロン]
これは、境界騎士団のセドリック殿からのご相談
でな──、

[バロン]
〈異界の歪み〉を通じて、ズィーザという名の魔
道士が、このクエス=アリアスに来たらしい。

君は、境界騎士団の主要な面々を思い返した。

彼らは異界の出身であり、それぞれ様々な事情で
クエス=アリアスに漂着した身だ。

ズィーザも同じ境遇ということだろう。

[バロン]
セドリック殿とオルハ殿は、ズィーザにも境界騎
士団に加わるよう勧めたそうなのだが──

ズィーザ.jpg

[ズィーザ]
それよりさ、この世界の魔道士のトップってさ、
誰さんなわけ?

[ズィーザ]
なに? 魔道士ギルドの〈四聖賢〉? つまりさ、
そいつらを倒したらあたしが最強ってことね?

[ズィーザ]
あたしは最強の魔道士を目指す女よ。世界が変わ
ろうと、あたしのすることは変わらない。

[ズィーザ]
〈四聖賢〉を倒して、あたしが最強になる!

[ズィーザ]
え? どうやって探すのかって?

[ズィーザ]
そんなの、片っ端から魔道士を殴り倒してったら
いつかぶち当たるもんでしょ? へっへー。

[バロン]
──という。

[ウィズ]
(〈四聖賢〉の〈賢〉を何だと思ってるにゃ!)

[バロン]
なんだ、その猫、いつになく興奮しているな……?

[バロン]
とにかく、すでに何人もの魔道士が殴られている。
ギルドとしても放ってはおけん。

[バロン]
だが、取り押さえようにも、なまなかな腕の魔道
士では返り討ちに遭うのがオチだ。

[バロン]
だが、おまえなら、きっとなんとかなるだろう。
セドリック殿も太鼓判を押していたぞ。

[バロン]
奴はこの世界のどこにいるかわからん。各地のギ
ルドマスターと協力し、探し出してほしい。

[ウィズ]
(キミ、気合を入れるにゃ! 〈四聖賢〉の直弟
子として、ぎったんぎたんにしてやるにゃ!)

まあまあ、とウィズをなだめながらも、君はバロ
ンにうなずきを返した。

[バロン]
思えば、〈四聖賢〉狩りとなれば、おまえにとっ
ても因縁浅からぬ相手だな。

[バロン]
力を合わせ、この世界の魔道士の力を示してやろ
う!

←トップ
posted by yamanuko at 18:49| Comment(0) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ