2016年03月31日

黄金に燃ゆる師 〜 筋肉の躍動、金色の意志

バロンに指定された通りの場所に、君は移動した。

少しして、向こうから一人の男が
駆け足でやってくる。

ドゥーガ.jpg

[???]
始めまして。
お前が魔道士ギルド期待の新人だな?

[???]
うむ、いい目をしている。
それに、とても強い筋肉の波動を感じる。

このあからさまにおかしな人が……?

いや、そんなはずはない、と君は思う。

憧れの魔道士、憧れの合憲が始まるというのに、
こんな暑苦しいおじさんが、まさか自分の……。

[ドゥーガ]
俺はドゥーガ・ザムンタール。
一応、お前の師匠ってことになっている。

[ドゥーガ]
魔道士ランクは言うまい。
お前も興味ないだろう。

興味がなかった。

でも師だというのなら……
認めざるを得ないだろう。

師匠、と試しに君は呼んでみる。

[ドゥーガ]
ははは! こそばゆいじゃないか!
ドゥーガ、でいい。

何ともいえない苦々しい顔で、
よろしく、と君は言う。

[ドゥーガ]
ああ、よろしく頼む。

[ドゥーガ]
早速だが、魔道士ギルドの依頼──
クエストを受けにいこうではないか。

…………。

[ドゥーガ]
ん? どうした。行かないのか?

師匠も一緒に行くの? と君は尋ねる。

[ドゥーガ]
無論だ。俺はお前の師なのだからな。
寝る間も惜しんで指導するつもりだ。

[ドゥーガ]
なに心配するな。
お前が逞しい体を手に入れるまで、
片時も離れずにいてやる。

[ドゥーガ]
魔法などいらんということを、
クエス=アリアスの魔道士に教え込んでやれ!

……魔法を教えてくれるんじゃないの?
と君は訊いた。

[ドゥーガ]
あんなものは子供だましの術に過ぎん。
魔物は殴り殺せ。

…………。

[ドゥーガ]
さあ、今度こそ出発だ。

君は思った。

こんな師匠を紹介したあのライオン野郎を、
今度会ったらぶっ飛ばしてやろう、と。

道中.jpg

(道中)
いくでー!
ワイは、ドゥーガっちゅうもんや!
オイルでテカテカやで!
めっちゃ好きやねん。

(セリフ)
いくでー!さあ賑わしたるわ!
ワイは、ドゥーガっちゅうもんや!
サイオーンでギルドマスターやっとる、ホンマやで?
オイルでテカテカになった体を見てみい!
めっちゃ好きやねん。

クリア後.jpg

※話の流れはウィズとの出会いのシーンのパロディになっています

←トップ
posted by yamanuko at 23:06| Comment(1) | イベントストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノーマルクエストの途中にも出てきました
Posted by at 2016年03月31日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


人気ブログランキングへ